• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

性ホルモンの増加に貢献する大蒜(にんにく)の効能

昨今ではにんにくに関して、性ホルモンと大蒜(にんにく)の関連を研究されてきています。

ある研究者がおこなったマウス実験では、雄ネズミに2週間の間、無臭のにんにくを含んだ餌与え、そのマウスの精子数をなど、生殖機能に関してにんにくが与える影響のの変化を調べたかたがいるようです。

その結果では、にんにくを摂食したネズミの精子数は、にんにくを摂取していないネズミの精子数より、約40%以上も高いことがわかったのだとか。

また、これは子供をつくる際などに重要になってくる要素ですが、精子そのものの動きも、ニンニクを与える前と比べると、活発になっていたのだそうです。

この結果が意味する事として、にんにくにより、性ホルモンの分泌等が増えている、という仮説がたてられました。

そしてこの仮説はマウスだけでなく、人間にも当てはまるのではということも推測できますね。

ただし、現在の研究ではまだ、性ホルモンと、ニンニクの関連性などは正確にはあきらかになっていません。

ただ、このマウス実験では仮説でしかありませんが、実際には上記のような現象もみられたということですので、なんらかの関連性はあるのではないかと推測できますちなみに、ニンニク成分であるアリシン単体を付与しても、精子数に変化はなかったそうですので、それらとは違う物質が精子を増やす働きをしているのではないかと思われています。

推測でしかないですが、ある研究をしている方の推論ではイオウ化合物の一種(にんにくには多くふくまれています)にそれらの効能があるのではないかとおもわれています。

まあなにわともあれ、そもそも古来から、にんにくは精力などを増強させるといわれ、文献などにも散見されます(例えば、お坊さんは食べてはいけないものとされていました、精力がついてしまうためですね)ので、性ホルモンに何らかの効果はあるとはおもいますね。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ninniku.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/10

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館