• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

動脈硬化症に大蒜(にんにく)が効果

年をとるごとに増えていく動脈硬化症(どうみゃくこうか)というものがあるとおもいます。
血管や血液凝固してしまう症状ですが、これにに大蒜(にんにく)が効くといわれています。

動脈硬化に効くその理由とは?

動脈硬化を防止するのは、ニンニクに、血清コレステロールと、
トリグリセリド(動脈硬化の進行をすすめる効果があると考えられている)を減少させる効果があるためだそうです。

ある実験ではニンニクにはフィブリノーゲンを減少させる効果があり、
綿容活性を上昇させる働きがあるとする研究結果があったのですが、これらも動脈硬化防止の要素かもしれないと考えられています。

たま、動脈硬化を防止する要素としてそのほかに考えられているのは、血清コレステロールを減少させる作用と、善玉コレステロールを上昇させる作用です。

ニンニクは血液が固まりにくくなる(血液の低凝固の作用があると考えられているのです)作用があり、
また、血清コレステロールを減少させる作用というのがありましたが、ニンニくは善玉コレステロールを上昇させる作用もあるようで、それらの効果が総合され動脈硬化を防ぐ役割を果たしているようです

その他の事例
さらに、これはその他の報告事例となりますが、ニンニクをよく食べている人を対象にした調査では、
ニンニクをその人たちが食べるのをやめたとたんに、血液が固まりやすい状態になる血液凝固時間が明らかに短縮してしまったという報告例がるのだそうです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ninniku.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/9

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館