• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

ニンニクの効果、効能の最近のブログ記事

大蒜(にんにく)は、自律神経を正常化する働きがあるといわれています。

私たちの身体は、昼間は交感神経が活発になって緊張状態になりますが、夜になると逆に副交感神経が活発となり、自然と休息状態に入る様にできています。

交感神経は、人間を「活動モード」にスイッチオンさせる神経。
副交感神経は、人間を「休息モード」にスイッチオンさせる神経ということになります

この様に、身体の反応を体内でコントロールしている交感神経や副交感神経を自律神経ということは皆さんも知っていらっしゃるのではないでしょうか。
そのためこの自律神経が正常化するということは安眠をもたらしたり、身体にいい影響をあたえます。

そして、にんにくはこの自律神経を正常化する働きがあるといわれているのです。

そのためにんにくには、副交感神経を刺激し自然な眠りに入りやすくし、快眠を促すといわれれいます

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館