• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

にんにく風呂の方法と効果、効能

にんにくをお風呂にいれることによって身体が大変あたたまる大にんにく風呂についてご紹介いたします。
人間以外にもペットなどの動物にも有効な場合もありますので、ぜひ試してみてください。

大蒜風呂の方法

生のにんにくは切ったり、潰したりすると「アリシン」と言う(強い刺激成分)がでますので、それを直接お風呂に入れてしまうとたいへんですので、切らずにそのまま木綿などの透過性のあるガーゼ状の袋に入れて口を縛り、浴槽に沈めて、にんにく風呂の出来上となります。

ただし、どうしても匂いや刺激が気になってしまうという方は、にんにくを1度、電子レンジで加熱(30秒ほど)、もしくは柔らかく蒸してから、風呂の中に入れます。こうすることで匂いや刺激が若干うすまります。

にんにくの分量は、水量や、入る人の体質によって異なりますが、一般のご家庭で行われる場合は、通常は5~7と数片で良いでしょう。



ニンニク風呂の効果

にんにく風呂の効果は冒頭でも書いたように、芯から身体を温めるため、全身の血行を促進して代謝を高め、冷え性や不眠症、美肌に効果的といわれています。
血行がよくなることから、腰痛、肩こりなどにも効果的とされています。また、熱めのお湯に出たり入ったりを繰り返す事で、発汗しダイエット効果も期待されているようですね。
また、ニンニクは、アトピー性皮膚炎に効くのではという研究がおこなわれています。アトピー性皮膚炎にニンニクに含まれるアリシンという成分が効果的なのではないか、ということが様々な実験・研究の結果、わかってきているようなのです。
ある臨床実験ではアトピー性皮膚炎の77%の患者さんに改善効果が見られた、という結果報告も出ています。また意外な話ですが、ニンニクは動物の健康にもいいとされています。

また、最近ではペットの皮膚病にも効果的であるとして「にんにく風呂」にいれるなんていうこともあるようです。
アトピーをもっているわんちゃんなどをにんにく風呂に入れてあげる場合は、38度ぐらいのお湯にして、あとは上記のような手順とおなじでお湯をつくってあげましょう。

とても効果的に見えるニンニク風呂ですが、にんにく事態はとても刺激のつよいものですので、発熱の症状がある時や、病院で治療を受けている時、早産や流産の危険がある時、病気の後などは、ニンニク風呂への入浴は控えた方が良いでしょう。
*「にんにく風呂」は、薬湯と同じように、お湯ににんにくを入るだけというものですが、にんにく自体が刺激が強い植物ですので、実際に行う場合、もし持病などのある方やペットなどへ処置する方は主治医の先生などに相談してからにしてみてください。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ninniku.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/5

コメントする

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館