• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

黒酢と大蒜(ニンニク)、一緒に食べると食い合わせの良いもの

大蒜(にんにく)は悪玉コレステロールを減らす効果が確認されています

これはにんにくに含まれる成分のアリシンの効果と考えられていましたが、現在ではアリシンではなく、ニンニクに含まれるジアリルジスルフィド、ジアリルトリスルフィドの作用である事が解っています。

これらのニンニクの成分は、コレステロールの合成を押さえ、血液中のコレスレロールを結果として減らします

悪玉コレステロールニンニクは悪玉コレステロールを減少させる効果がある大蒜(にんにく)は悪玉コレステロールを減らす効果が確認されていますこれはにんにくに含まれる成分のアリシンの効果と考えられていましたが、現在ではアリシンではなく、ニンニクに含まれるジアリルジスルフィド、ジアリルトリスルフィドの作用である事が解っています。

これらのニンニクの成分は、コレステロールの合成を押さえ、血液中のコレスレロールを結果として減らしますさらにこのコレステロール抑制の効果とともに、血小板抑制効果もあるため血栓などからおこる脳卒中などの予防に効果がありますこれらの悪玉コレステロールを減少させる効果などは、マウス実験などでも証明されています。

ある実験では、2/3にまで減少したなどの報告もありとても効果がある可能性がありますまた、上記以外にもニンニクを食べると脂肪燃焼効果がありますのでそれによりコレステロールが減るという効果と、上記の肝臓によりコレスレロールの合成を押さえるという効果の2つでコレステロールを抑制していると考えられているそうです。

ちなみに善玉コレステロールが増加したという実験結果もあるようですので、かなりコレステロール関連で、ニンニクは健康改善の効果があるようですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://ninniku.samurai47.com/mt/mt-tb.cgi/13

にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館