• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

2011年12月アーカイブ

にんにく酒は薬用酒で、健康維持の為に飲みたいという方も多いのではないでしょうか。

日々ちょっとづつ飲むだけで、身体がとても温まり、身体の疲れなども回復してきます。

また、なかなか寝付けない時や、冷え症の人等も飲むととてもいいですね。


健康への効果としては、精力増強、疲労回復、神経痛、不眠症、食欲不振などが上げられます。

ニンニクを他の食べ方をしても得られる効果と同様ですね。

ちなみに、あくまでお酒ですので大量に飲むのはよくありませんので注意して下さい。

【にんにく酒の材料】
・ ニンニク:300~500g
・ 蜂蜜:100~150g

・リカー:1ℓ

【ニンニク酒の作り方】
1、ニンニクの根元を切り取り、薄皮までとり、水気をよくとって、1片ずつバラバラにします。

2、ホワイトリカー、蜂蜜、ニンニクを保存容器にすべて入れ、3ヶ月程度保存しておきできあがりです。

お酒の健康への効果

| トラックバック(0)
まずお酒についてですが、アルコールを1%以上含む飲料が現在の日本では「お酒」となります。

お酒は「百薬の長」といわれていますね。
きちっと適量飲むのであれば、お酒は、人間のストレス解消、食欲増進、睡眠の促進、などの効果があります。
さらに、動脈硬化の予防等にもなるという研究結果などもでています。

【お酒とストレスの関連】

人の心と体に、ストレスがかかり続ける状態は、決して良いことではありません。

「ストレスを解消の為にお酒を飲む」ことはお酒が飲める人ならだれでも経験していることかもしれませんね。

あくまでも適量であれば、の話ですが、お酒は心のストレス、緊張を解きほぐし、ストレス発散の効果があります。
そのため、例えばストレスが原因で起こる様々な疾患も、実はお酒を飲むことによって予防できる可能性もあるのです。
もちろん、お酒だけに頼るのはよくありませんので、本当に辛いストレスを感じているようだったらお医者さんなどに行く必要がありますが、軽度なストレス等を感じているようであればお酒である程度気分を発散する事がストレスの解消する方法でもあるのです。

【お酒と食欲増進】
実は、お酒には、胃の中の胃液の分泌量を増やし、食べた物の消化を促す作用があります。
この作用が食欲を増進させるのです。

とくにお酒の中でも、ワイン、ビールなどのもつ、「炭酸ガス、苦味成分ホップ」 は、胃壁を刺激するため、とくに食欲増進させる効果が高いといわれているようです。

さらに、上記のストレスを消すというのと同じことになりますが、アルコールは精神的な緊張をほぐす作用がありますので、心がリラッ クスし、食欲が増進してきます。

また、お酒がが美味しいと、ついつい食欲がすすむという経験した人はおおいとおもいますしね。
ただしこれも適量がいいので、お酒をがぶがぶ飲んで、もりもり食べるというのはよくありませんので、適度であれば良い効果を及ぼすと考えてください。


【アルコールと睡眠】
お酒には睡眠促進効果、鎮静効果などがあり、入眠を誘う効果がありますので、睡眠を導入させるためにはいいかもしれません。
お酒を飲むと眠くなると感じている人も多いと思いますし実感している方もいるのではないでしょうか。
ただしこれも適量であれば睡眠導入効果として効果的ですが度をすぎるとよくありません。
それはアルコールを体内で分解するために、おおくのエネルギーを必要とするため睡眠時にも体が休まらないためです。
あくまで睡眠導入程度と考え多くを摂取しない適量がよいいうことになりますね。

また、きちっと朝まで熟睡できないなどの場合もありますので、人によりかならずしもアルコールを寝る前にのるのが良いとはかぎりませんので、自分に合うかどうかをきちっと見極める必要はあります。

【お酒による動脈硬化の防止】
お酒は動脈硬化を防止する効果があることがわかってきています。(ただし適量ですよ)
とくに日本酒などにその効果があり、適量な飲酒で動脈硬化予防ができることがわかってきています。

【お酒による善玉菌の増加】
こちらも適量のお酒ということになりますが、お酒が血液中の善玉コレステロールをふやす効果があるようです


これらの効果はすべて適量な飲酒ですので、逆に飲み過ぎると、上記のいい点以上に身体に多くの弊害をもたらします。
適量を心がけてください。


【お酒の適量とは】
清酒1合、ビール大瓶1本、ワイン1/3本、あたりがアルコール量は22g前後といわれています。
これは、体重が60kgの人が、約3時間で分解される量に相当しているといわれています。
一般的にこれが「酒1単位」されています。

そして、医学的にはお酒は1日2単位までといわれていますので、上記の2倍が2単位となりますね。
それぐらいまでが一応1日に飲んでも良い量となるわけです。

もっと気になる方は、お医者さんなど専門の方へ相談してみると良いと思います
ニンニクには、脳の萎縮を抑えて学習能力を高める効果があるという事が提唱されています。

こちらはマウスの実験になりますが、脳の前頭部に萎縮があるマウスに、ニンニクの抽出したものを与えたところ、先頭部の萎縮が正常なマウスと同程度になってきたとう実験結果があるのです。

また、こちらのマウスの実験ですが、ニンニクのエキスを与えたマウスと、通常のマウスとで学習能力の違いを計ったところ、学習能力が速いという事がわかりました。

これはニンニクにより脳の神経細胞(シナプス)の分岐が増え、脳が活性化されることにより学習能力がたかまると考えれています。


「プラセンタ」胎盤という意味の単語です。
この胎盤には、胎児を成長させる為の、細胞分裂を促進させるような成長因子が豊富に含まれています。

「プラセンタ」は、胎児の成長のための組織です。
お母さんのお腹の中で、1個の受精卵が10ヶ月後に生まれでてくるまでに、きちんとした人の形になる事からも解るように、細胞にとても影響力をもっている事が解ると思います。



【健康食品としてのプラセンタ】
では、健康食品などで「プラセンタ」というものがありますね。
まさか「胎盤」を食べるんではないですよね?と思う方もいるかもしれません。

もちろん健康食品のプラセンタは、「胎盤そのもの」ではありませんよ。

健康食品のプラセンタは、胎盤から、グロースファクタなどの(細胞分裂を促進する成長因子)や、その他、人間の健康に良い栄養素を抽出した栄養食品のことです。

この成長を促進させる機能により、新陳代謝を活発化させたり、人間の身体の傷ついた部分を修復させる効果があるので、プラセンタが健康食品とされているのです

また健康食品へ利用されているのは、ブタやウマなどの胎盤となります。
ちなみに古くは漢方薬などでも利用されており、漢方では紫荷車(しかしゃ)などと呼ばれていますね。


■ プラセンタの効果

【美肌効果】

プランセタには美肌効果があります。(一番、一般のユーザーが欲しい効果かもしれませんね)

上記にも書いたように、プラセンタは身体の傷がついた部分を修復していく効果がありますので
「傷、皺、ふきでもの、にきび跡」など、跡が残ってしまう様な、なかなか修復の難しい部分にまで効果を発揮します。

とくに、プランセタは、一般の美容液等と違い、表面上のものではなく、内面から細胞を活性化させるため、体の内側から効果が発揮されていきます。

また、単なる美肌だけでなく、普通の皮膚の病気等にも効果がある場合もあるようです。

【頭皮、育毛等にも効果があるかも】
プランセタはホルモン等にも作用するようです。

たとえば、男性ホルモンの過剰を抑え正常化するような作用が一部でみとめられています。
そのため、性ホルモンの正常化と、成長促進の高価による、毛母細胞分裂促進因子の作用により、抜け毛の予防等に効果があるとかんがえられています。

【健康への効果】

プランセタは皮膚等だけに限らず健康へも良い影響を与えます。

成長因子による新しい細胞をつくっていく効果は、身体の新陳代謝を高め、疲れた身体の回復を早める効果があります。

そのため、たとえば風邪等に体する抵抗力(風邪等病気や体調不良は、ウィルスへの抵抗力の低下ですので、血球等の細胞の活動を高めて、抵抗力をつくります。)を高めるることで、様々な病気の治療、予防に効果があるとされています。


【精神的な病気等にも】
また、これは、確証されているものではないですが、一部では、心、精神を安定させ、うつ病、自律神経失調症、などの精神的な疾患とされるものにも効果があるとされています。

【婦人病等にも】
プラセンタは婦人病などにも効果があるとさており、実際に、医療として利用される薬として認可されたプラセンタ製品も存在しています。

【肝臓にも効果】
プラセンタは肝臓へも効果があるといわれています。
そもそも胎児の肝機能の不足等を、胎盤が補いながら、代謝作用を行なったりしています。
また胎盤は肝臓と同様、解毒する作用を持っていますのでこのような事から
肝臓への効果等もいわれているのです。


【健康食品となるプラセンタの原料】
プラセンタは効能はいいかもしれないけど、「胎盤」とといわれると、ちょっとびっくりするかもしれませんね。
基本的に、一般にでまわっている、ドリンク剤や健康食品のプラセンタの原料はヒト胎盤ではなくブタなどのものが利用をされています。
また先にも書いたように栄養素の抽出ですのでそのまま食べる訳ではありません。


ただし、医者の許可を取った上で治療を行う人の場合、「人の胎盤」を利用するという事もあります。
(あくまでも医師の処方の、上での処置ですのでこちらは市販ではないです)
プラセンタは、ヒト胎盤を原料などとした医薬品の場合、様々な、疾患(クロイツフェルト・ヤコブ病、肝炎ウイルス、リンゴ病等)の検査を厳重におこななったものを利用することになっています。
それでも、未知の病気に体するリスクはありますので、医師より説明(インフォームド・コンセント)と、プラセンタ使用への同意書への署名・捺印をした場合に限り使われるようです。

【作用の解明に関して】
実際にはわかっていない部分も多々あります。
たとえば効果はかくにんされているが、どうしてそのような効果が出るのかがわかっていないなど、まだまだ解明されていない部分もあります。


にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館