• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

2011年4月アーカイブ

大蒜(にんにく)は大腸菌O157を死滅させる効果がるといわれています。

ニンニクに含まれる成分の「アホエン」
変な名前ですがこれはとても殺菌作用をもっている物質です。

最近の研究結果でこのアホエンが、一時世間をさわがせた大腸菌 「O-157」を死滅させたというデータがあるのです。

ニンニクの粉末を大腸菌O157の培地にいれたところO-157の菌が全滅したそうです。

これはニンニクにふくまれるアホエンの殺菌能力が高いためと考えられているそうです。



とてもどうでもいい情報ですが

ニンニクを電子レンジであたためると

まわります (笑い

想像できないぐらい、すごい早さで回ります

以前トリビアの泉で行われていた実験で紹介もされていましたが、

ニンニクが蒸気が出される事により回転がおきるようです


にんにくの芽とは?

| トラックバック(0)
にんにくの芽とはなんでしょうか?
にんにくの球が出来る、冬〜春にかけて、花より球(鱗茎)に栄養がいくように、つぼみのついた若い茎を切り取った、茎(くき)にんにくのことをいいます。

わざわざつぼみのついた若い茎をきりとっていますので、にんにくの芽としてうられている大蒜はニンニクの芽用として栽培されているという事になりますね。

今ではニンニクの芽の専用の品種もあり、現在は通年で売られています。

にんにく(ニンニク)の芽は食べられるの?
ニンニクの芽はたべられるのかどうか?という事でいえば、もちろん食べられますという事になります。

ニンニクというと、普通は皆さんご存知の「球」の部分を利用しますが、芽もたべられるのです。
伸びた芽は摘み取って食 べることができます。
実はこの芽の部分には、沢山のビタミン類が含まれています。ちなみにこのニンニクの芽が伸びることによって、ニンニク特有の臭いも控 えめになっていきます。

とてもビタミン類が豊富に含まれた、このニンニクの芽は栄養価の高い中国野菜で、にんにくの甘味、歯ごたえがあり、炒め物や煮込みなどにも合うためよく調理ようの食品として利用されています。

ニンニクの芽の栄養
にんにく独特のにおいと辛みは、アリシンによるものですが、アリシンは、ビタミンB1と結合して、糖質をエネルギーに変えるのを助けるはたらきをします。
そのため、身体の疲労回復や滋養強壮に効果を発揮します。
アリシンなどの硫黄化合物には殺菌効果があり、また抗酸化作用もあるのでガン予防も期待されているます。
また、カロテンや食物繊維、ビタミンB1が豊富に含まれているといわれています。
そして、にんにくの芽は、ニンニク独特の臭いが、とてもやわらかくなっていますので、臭いがちょっとという方にもオススメですね。


ニンニクの芽の旬
にんにくの芽(茎にんにく)は、冬から春が旬です。
調理にんにくの芽は炒め物、焼き物、炒め物がおすすめです。

ニンニクの芽は臭いも強くないので、豚肉と一緒に野菜炒めにして食べるなどもオススメです。
そのほか、ニンニクの芽を刻んで、餃子の具に混ぜたり、てんぷらなどにしてみると美味しくたべることができます。
「にんにく」の天ぷらの作り方を紹介します。

にんにくを天ぷらにすると、お酒のおつまみとして最適です!居酒屋で出てきそうなつまみになります!
ぜひ試してみてください!

にんにくの天ぷらの材料 ( 2人分を前提にしています )
にんにく:5~6片天ぷら衣:適宜塩・しょう油:少々

作り方
1、にんにくをスライスします。
 スライスする際の大きさの目安は、小さいニンニクならだいたい2等分ぐらい、大きいにんにくなら3等分程度を目処としてみてください。

2、天ぷら衣にくぐらせ、約180℃ぐらいの揚げ油で20秒ほど揚げます(色づかない程度)小さいですのでわりとすぐに揚がります。
あまり揚げすぎない方が、にんにくの中がほくほくして美味しくなります。、

揚げられたにんにくを、塩か醤油につけ、てお召し上がりください。
(もしも居酒屋や焼き肉屋なんかで酒のつまみに大蒜のホイル焼き、というメニューを食べた事がある人もいるかもしれませんが、それに近い?ほくほくかんです)

また、このようなかたちで大蒜を天ぷらにすると、にんにく特有のあの臭みもありません。
調味料としてとても美味しい、にんにく醤油ダレの作り方をご紹介しましょう

この大蒜醤油ダレは、生姜やネギなどもまぜながら作る調味料ですが、豚肉や鶏肉、牛肉や魚にとても合う、おいしい調味料です。


「にんにくしょうゆだれ」の材料ピックアップ
お醤油 : 4カップ
にんにく : 120〜160g
ショウガ : 80g
タマネギ : 160g
赤トウガラシ : 2本
お砂糖 : 120〜160g
お酒 : 1カツプ

「にんにくしょうゆだれ」作り方

1、タマネギ、にんにく、ショウガ、はおろし金またはミキサーなどでこまかくすりおろす。

2、赤トウガラシは、種を取り除きます。その後、唐辛子を細かく刻みます。

3、お鍋に、砂糖、醤油を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら酒、1、2を加え、弱火で10分ほど煮る。
 *ここで基本的には完成です

4、しょうゆだれは十分冷ましてから、ビンに移してください。何度もつくるのは面倒な場合は、一度に多めにつくって、心配なら冷蔵庫で保存するといいとおもいます。ものによっては冷蔵庫に入れ半年ぐらいは保存が利いたりするようです。

このにんにく醤油ダレに魚や肉をつけると、肉、魚の本来の風味も格段にアップします。

また、野菜妙め、湯豆腐などに通常つける普通の醤油代わりにかけても、とても美味しいものになります。

アウトドアでのバーベキューのときになどにも大活躍するのではないでしょうか。
いろいろな料理レシピでいろいろと楽しんで、食べ比べしてみるといいかもしれませんね。
大蒜(にんにく)は悪玉コレステロールを減らす効果が確認されています

これはにんにくに含まれる成分のアリシンの効果と考えられていましたが、現在ではアリシンではなく、ニンニクに含まれるジアリルジスルフィド、ジアリルトリスルフィドの作用である事が解っています。

これらのニンニクの成分は、コレステロールの合成を押さえ、血液中のコレスレロールを結果として減らします

悪玉コレステロールニンニクは悪玉コレステロールを減少させる効果がある大蒜(にんにく)は悪玉コレステロールを減らす効果が確認されていますこれはにんにくに含まれる成分のアリシンの効果と考えられていましたが、現在ではアリシンではなく、ニンニクに含まれるジアリルジスルフィド、ジアリルトリスルフィドの作用である事が解っています。

これらのニンニクの成分は、コレステロールの合成を押さえ、血液中のコレスレロールを結果として減らしますさらにこのコレステロール抑制の効果とともに、血小板抑制効果もあるため血栓などからおこる脳卒中などの予防に効果がありますこれらの悪玉コレステロールを減少させる効果などは、マウス実験などでも証明されています。

ある実験では、2/3にまで減少したなどの報告もありとても効果がある可能性がありますまた、上記以外にもニンニクを食べると脂肪燃焼効果がありますのでそれによりコレステロールが減るという効果と、上記の肝臓によりコレスレロールの合成を押さえるという効果の2つでコレステロールを抑制していると考えられているそうです。

ちなみに善玉コレステロールが増加したという実験結果もあるようですので、かなりコレステロール関連で、ニンニクは健康改善の効果があるようですね。

大蒜(にんにく)をうまく育てるにはカモミールと一緒に栽培するのがよいそうです。
*カモミールは、キク科の1種の耐寒性一年草。
ギリシャ語で「大地のリンゴ」をという意味で、リンゴのような甘い香りをさせる植物です。
ヨーロッパではかなり昔から歴史のある薬として利用されており、4千年以上前のバビロニアではすでに薬草として用いられていたと言われています。

なぜカモミールかというと、ニンニクにたいする病原菌がカモミールを植えておくとカモミールが防いでくれるのだそうです。

またニンニクは育成している土壌の土の乾燥に弱いのだそうで、それをカモミールが土をおおってくれるため乾燥をふせいでくれるという効果もあるそうです。

また逆もいえることになり、ニンニクはカモミールに対して、カモミールにつくアブラムシを防いでくれる効果があり、カモミールの育成に対しても大蒜は効果があるといえます

ちなみにこんな動画もありましたので
ご紹介しておきます。にんにくの発育をよくする方法だそうです

紫にんにくは、アルゼンチンなどの地方で生産されていた大蒜(にんにく)です。

だいたいですが、球径約5cm・重さ約60gぐらいで、外観がなんと普通のニンニクと違い紫色の皮をもっているのが特徴です。

生育に関しては、極早生(わせ)の特徴をもっています。
*早生とは植物の実が他の品種より早く実ることです。

収穫期は5月〜6月の上旬ぐらいです。
「紫にんにく」の味の特徴普通の「白い色をしたにんにく」とは異なり、「紫色をしている」のもめずらしい特徴ですが、味もすこし違いがあり、若干の甘みがあり、とても美味しい「にんにく」です。

紫にんにくの効能や効果
記事にも記載されているように、にんにくには抗菌作用や免疫力アップなどさまざまな効果・効能が期待出来ます。

「にんにく」はがん予防・抗菌効果や、風邪の際にも予防に役立つ免疫力をあげてくれるなど、体にもよい成分が含まれることが知られています。
昨今ではにんにくに関して、性ホルモンと大蒜(にんにく)の関連を研究されてきています。

ある研究者がおこなったマウス実験では、雄ネズミに2週間の間、無臭のにんにくを含んだ餌与え、そのマウスの精子数をなど、生殖機能に関してにんにくが与える影響のの変化を調べたかたがいるようです。

その結果では、にんにくを摂食したネズミの精子数は、にんにくを摂取していないネズミの精子数より、約40%以上も高いことがわかったのだとか。

また、これは子供をつくる際などに重要になってくる要素ですが、精子そのものの動きも、ニンニクを与える前と比べると、活発になっていたのだそうです。

この結果が意味する事として、にんにくにより、性ホルモンの分泌等が増えている、という仮説がたてられました。

そしてこの仮説はマウスだけでなく、人間にも当てはまるのではということも推測できますね。

ただし、現在の研究ではまだ、性ホルモンと、ニンニクの関連性などは正確にはあきらかになっていません。

ただ、このマウス実験では仮説でしかありませんが、実際には上記のような現象もみられたということですので、なんらかの関連性はあるのではないかと推測できますちなみに、ニンニク成分であるアリシン単体を付与しても、精子数に変化はなかったそうですので、それらとは違う物質が精子を増やす働きをしているのではないかと思われています。

推測でしかないですが、ある研究をしている方の推論ではイオウ化合物の一種(にんにくには多くふくまれています)にそれらの効能があるのではないかとおもわれています。

まあなにわともあれ、そもそも古来から、にんにくは精力などを増強させるといわれ、文献などにも散見されます(例えば、お坊さんは食べてはいけないものとされていました、精力がついてしまうためですね)ので、性ホルモンに何らかの効果はあるとはおもいますね。


年をとるごとに増えていく動脈硬化症(どうみゃくこうか)というものがあるとおもいます。
血管や血液凝固してしまう症状ですが、これにに大蒜(にんにく)が効くといわれています。

動脈硬化に効くその理由とは?

動脈硬化を防止するのは、ニンニクに、血清コレステロールと、
トリグリセリド(動脈硬化の進行をすすめる効果があると考えられている)を減少させる効果があるためだそうです。

ある実験ではニンニクにはフィブリノーゲンを減少させる効果があり、
綿容活性を上昇させる働きがあるとする研究結果があったのですが、これらも動脈硬化防止の要素かもしれないと考えられています。

たま、動脈硬化を防止する要素としてそのほかに考えられているのは、血清コレステロールを減少させる作用と、善玉コレステロールを上昇させる作用です。

ニンニクは血液が固まりにくくなる(血液の低凝固の作用があると考えられているのです)作用があり、
また、血清コレステロールを減少させる作用というのがありましたが、ニンニくは善玉コレステロールを上昇させる作用もあるようで、それらの効果が総合され動脈硬化を防ぐ役割を果たしているようです

その他の事例
さらに、これはその他の報告事例となりますが、ニンニクをよく食べている人を対象にした調査では、
ニンニクをその人たちが食べるのをやめたとたんに、血液が固まりやすい状態になる血液凝固時間が明らかに短縮してしまったという報告例がるのだそうです。


健康食品などのあいだでよくでてくる、大蒜(にんにく)卵黄とはどんな物なのでしょうか?

にんにく卵黄の製法?
にんにく卵黄は江戸時代後期、また明治時代初期あたりから作られ、実際にもその滋養強壮の効果が期待できるため現在まで続きて来たと言ってもいいかと思います。
製法は、にんにくをよく茹でてから卵黄をまぜて煎じるようにして水分をとばして出来上がりというのが一般的なにんんいく卵黄の製法となります。

大蒜卵黄の成分や効果

基本的には卵黄の方からタンパク質と脂質(卵黄の成分)、にんにくのほうからはニンニクの成分がそのまま供給されるますが、ニンニクにアリインという成分と GSAC(ジーサック)という成分が神経の刺激と糖質代謝の活性を促進するため、ニンニク卵黄によって体調が良くなったという事が実感できるのでは無いか と思われています。

そのためニンニクの成分のアリシンと、卵黄の成分レシチン、さらに有効成分スコルジニンが体の中でバランスよく働き、血圧・糖尿病・胃弱・貧血・ストレス性疾患・便秘・心臓病・体質改善・更年期 などに効能があるといわれているものです。

ニンニク、卵黄のどちらも昔から滋養食品としてかかせなかったものですのでこれらの2つを合わせて提供している者がニンニク卵黄というものです。

スタミナや、血液がさらさらになる効果、抗ガン作用もあると言われております。

また、この食品の起源は明治あたりにさかのぼりますが、明治初頭の食べ物の少ない時代ではこういったタンパク質と代謝の活性というものがとてもありがたがられたといわれています。

ただし、注意して頂きたいのは、とてつもない薬効のようなものがある訳ではないということと、卵黄大蒜のどちらも効果がおおきいとはいえ、ニンニクも卵も原材料にアレルギーのある方もいるとおもいますので、そういったかたはお医者様に相談してからというほうがよさそうです。

大蒜(にんにく)は、自律神経を正常化する働きがあるといわれています。

私たちの身体は、昼間は交感神経が活発になって緊張状態になりますが、夜になると逆に副交感神経が活発となり、自然と休息状態に入る様にできています。

交感神経は、人間を「活動モード」にスイッチオンさせる神経。
副交感神経は、人間を「休息モード」にスイッチオンさせる神経ということになります

この様に、身体の反応を体内でコントロールしている交感神経や副交感神経を自律神経ということは皆さんも知っていらっしゃるのではないでしょうか。
そのためこの自律神経が正常化するということは安眠をもたらしたり、身体にいい影響をあたえます。

そして、にんにくはこの自律神経を正常化する働きがあるといわれているのです。

そのためにんにくには、副交感神経を刺激し自然な眠りに入りやすくし、快眠を促すといわれれいます

黒にんにくは、乳酸菌を添加した生ニンニクを蒸したものです。

黒ニンニクの作成紀州備長炭を利用して、成黒ニンニクは、一定の温度と湿度のもとで、釜で300時間以上、熟成させることによって作られます。

乳白色の生ニンニクと異なり、蒸焼きの最中に発酵が起こり、皮をむくとニンニクの中身が真っ黒になっています。故に黒大蒜といわれます。

それはもう、生のニンニクからは想像できないぐらいの黒い色をしており、ちょっと炭の色など近いです。

黒ニンニクの味は?
乳酸菌を添加というところからも想像つく方もいるかもしれませんが、黒ニンニクの味は、甘酸っぱい、レーズン、プルーンの様な味となります。
しかも、食感がやわらかくて、とてもしっとりしているたべものですのでちょっとしたデザート感覚?のようにたべれるものです。
ちょっと冷やしてある状態などですとおかしのグミに近い食感などになるようです


黒ニンニクの特徴

色が黒く変わるのは、熟成によって含まれる成分が変化するからおこるものです。

成分が変化したその結果、臭いの原因となるイオウ化合物が減り、ニンニクを食べた後に、息と体内から臭ってくるニンニク臭が全く無くなります。

黒にんにくの成分、効力「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」といった成分がにんにくにはもともと含まれていますが、黒にんにくは、発酵によりそれらの成分のさらに多く含有されるようになります。

*ちなみにS-アリルシステイン、ポリフェノールの作用は、悪玉コレステロールを減少、血液をサラサラする効果があります。
さらに、ニンニクは抗酸化力を有することが知られています。ニンニクの抗酸化酵素のグルタチオン・ペルオキシダーゼの活性に必要なセレンを多く含む等、ニンニクには抗酸化力を高める成分が豊富に含まれているからです。

そしてニンニクを熟成させた黒ニンニクはこれらの抗酸化力が高まることがしられています。
種類にもよりますが、水溶性成分の抗酸化力は8.7倍、脂溶性成分の抗酸化力は約80倍という程度というデータもあるようです。

黒にんにくの召し上がり方
上記に記載したように甘酸っぱい、レーズン、プルーンの様な味ですので、黒ニンニクをそのままでも召し上がることは可能です。
また、オムレツやにんにく醤油など、生ニンニクと同じように料理して頂くこともできますし、レーズン、プルーンが利用されるようなシーンで代替としてりようしてみるのも良いかもしれません。

どっかの黒ニンニク販売している会社さんのCMですが、とりあえず食べたりしている説明がありますので、参考までに動画にのせておきました。


にんにくをお風呂にいれることによって身体が大変あたたまる大にんにく風呂についてご紹介いたします。
人間以外にもペットなどの動物にも有効な場合もありますので、ぜひ試してみてください。

大蒜風呂の方法

生のにんにくは切ったり、潰したりすると「アリシン」と言う(強い刺激成分)がでますので、それを直接お風呂に入れてしまうとたいへんですので、切らずにそのまま木綿などの透過性のあるガーゼ状の袋に入れて口を縛り、浴槽に沈めて、にんにく風呂の出来上となります。

ただし、どうしても匂いや刺激が気になってしまうという方は、にんにくを1度、電子レンジで加熱(30秒ほど)、もしくは柔らかく蒸してから、風呂の中に入れます。こうすることで匂いや刺激が若干うすまります。

にんにくの分量は、水量や、入る人の体質によって異なりますが、一般のご家庭で行われる場合は、通常は5~7と数片で良いでしょう。



ニンニク風呂の効果

にんにく風呂の効果は冒頭でも書いたように、芯から身体を温めるため、全身の血行を促進して代謝を高め、冷え性や不眠症、美肌に効果的といわれています。
血行がよくなることから、腰痛、肩こりなどにも効果的とされています。また、熱めのお湯に出たり入ったりを繰り返す事で、発汗しダイエット効果も期待されているようですね。
また、ニンニクは、アトピー性皮膚炎に効くのではという研究がおこなわれています。アトピー性皮膚炎にニンニクに含まれるアリシンという成分が効果的なのではないか、ということが様々な実験・研究の結果、わかってきているようなのです。
ある臨床実験ではアトピー性皮膚炎の77%の患者さんに改善効果が見られた、という結果報告も出ています。また意外な話ですが、ニンニクは動物の健康にもいいとされています。

また、最近ではペットの皮膚病にも効果的であるとして「にんにく風呂」にいれるなんていうこともあるようです。
アトピーをもっているわんちゃんなどをにんにく風呂に入れてあげる場合は、38度ぐらいのお湯にして、あとは上記のような手順とおなじでお湯をつくってあげましょう。

とても効果的に見えるニンニク風呂ですが、にんにく事態はとても刺激のつよいものですので、発熱の症状がある時や、病院で治療を受けている時、早産や流産の危険がある時、病気の後などは、ニンニク風呂への入浴は控えた方が良いでしょう。
*「にんにく風呂」は、薬湯と同じように、お湯ににんにくを入るだけというものですが、にんにく自体が刺激が強い植物ですので、実際に行う場合、もし持病などのある方やペットなどへ処置する方は主治医の先生などに相談してからにしてみてください。


大蒜の匂いを消すのは、誰しも苦労したところではないでしょうか?  (´ρ`)

今回はにんにくの匂いを消す方法をいくつか紹介します。
実際に効果の大小はありますし、体質なども影響しますのでその点はご了承くださいね


緑茶で大蒜の匂いを消す方法
緑茶はペットボトルのもでもOKだそうです。
お茶の茶葉成分は、胃の中でニンニクの匂い成分を引き寄せ、分解してくれるのだそうです。
にんにく同様に、実は緑茶は、大蒜系の植物のネギやニラなど同系のネギ科植物のニオイにもきくようです。

食後は早めに緑茶を飲んだ方が効果的になるようです


リンゴを食べる方法
こちらの方法は、ニンニクを食べたあとに、りんごを食べるというものです。

こちらはテレビ番組の「伊藤家の食卓」で出ていた、にんにくの消臭方法で、あっというまに世間にひろまった方法のようですね。

こちらの方法はかなり効果があるようですので、これはぜひ試してみていただいきたいという感じです。
なんでも、りんごに含まれているクロロゲン酸という成分が、にんにくのニオイ成分を包み込んで消臭効果をもたらしてくれるのだとか。

ちなみに、リンゴの量は1/4個分食べると効果があるんだそうです。


牛乳を飲んで大蒜の匂いを消す方法
ニンニクをたべる前に、牛乳のを飲みますこの場合は胃の中のニンニクを消化吸収する働きがあるようです。
ちなみに、ニンニクをたべた後で牛乳を飲むのは、効果ないようですので
手順を間違えないように!

食前に飲むというのがいいようですね


ビールを飲んでにんにくの匂いを消す方法
ビールなどと一緒にニンニクを食べている最中にビールをなどをのむと消臭効果があるのだとか。
加熱処理されていない地ビールなどと一緒がいいということでした。発泡酒とかではだめみたいです。


状態の良いにんにくと悪い大蒜のの見分け方について説明します

にんにくを買う場合、まず、売られているにんにくの「表面」をよく見てみましょう。

にんにくの皮の色が白くて、皮に張りのあるものが良いニンニクです。

また、皮が茶色、黄色がかっていたりするものは、古い状態のものです。

実際に買う際には、以上の事を念頭においておくと比較的すぐ解ると思います。

また、表面がやわらかく、あまり固さがないものも

これも古いにんにくである可能性があります。ちょっとさわってみないと解らないと思いますが

上記のようなことに気を付けていただくと、古い大蒜をかってしまったりせずにすむかと思います
にんにく注射とはなんでしょうか?

夏バテなどで体力が落ちているなどの時、にんにく注射がいい、とかいわれませんか? このにんにく注射とはいったいなんなのでしょうか?

ニンニク注射とは、「にんにく」という名前ですが、ニンニクのエキスがはいっているとかいうわけではありません。
(もちろん、すりおろしたにんにくがはいっているわけでもないですよ)

 「にんにく注射」とは、ビタミンB1やB2といったビタミンB群をふくんだ静脈注射のことです。

 このビタミンB群のなかのビタミンB1には硫黄(いおう)成分がふくまれており、ちょっとニンニク臭します。

このにんにく匂い「にんにく注射」の名前の由来です。

また注射後、元気が出るという事に関しても、食べたあとに元気がでる「にんにく」のイメージと合っていますね。

 さてこのビタミンB1についてですが、私たちの体には欠かせない栄養成分の一となっているものです。

ビタミンB1はエネルギー源である糖質を分解、糖分を実際に必要なエネルギーに変化させる働きをもっているのです。

ですので、もしビタミンB1が体内から欠乏してしまうと、人間に重要なエネルギーを作り出すことができなくなってしまうのです。 (さらに、エネルギーにされないままのこってしまう糖質は、脂肪へと変わってしまうので、肥満につながってしまい、倦怠感や食欲不振、皮膚の炎症など様々な健康障害を引き起こしてしまうんです。)

ですので、にんにく注射をおこなうと、元気になるのはこのビタミンB群を供給するからなのですね。

こんな症状の人にニンニク注射はおすすめです!

・夏バテなどで、つかれを感じている人
・全身の倦怠感がを感じている人
・肩こり ・腰痛に悩んでいる人
 ・よく睡眠はとっているはずなのに、疲れがとれない
 ・仕事のつかれが激しい
・冷え症
・虚弱体質
・風邪をよくひく
・緊張型頭痛

 ニンニク注射をうけたかったら 「にんにく注射」は、たいていどこの病院でもやってくれることが多いと思います。
ネットで検索してみるとでてきますし、受ける前にじっさいに問い合わせてから行くと良いと思います。
 料金設定はだいたい、2000〜4000円といったところが多いようですね。
ただし、クリニックによってにんにく注射は、若干成分が異なる場合があります。

基本的にはどこのクリニックでも、ビタミンB1またはその誘導体フルスルチアミン(アリナミンF等)を主成分としていますが、B1のみを、にんにく注射といっているクリニックもありますので、どのような成分かなどはきちっと問い合わせをおこなってからいくのがよいでしょう。
にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館