• HOME

大蒜(にんにく)の効果、効能を紹介

  • 大蒜の詳細はこちら
  • 大蒜の効果、効能

最新情報



納豆(なっとう)の効果、効能

納豆は、大豆を納豆菌で細菌発酵させた発酵食品です。
日本では広く一般的な食品で、多くの日本人に食べられているがあまり外国などにはない食品となっています

納豆は、寺院の精進料理として、寺院の倉庫(納所:なっしょ)で作られた食品で、これが名前(なっとう)の由来という説が、『本朝食鑑』という本(書物)に記載されています。

納豆の効能:ナットウキナーゼ
ナットウキナーゼ」という酵素による脳梗塞・虚血性疾患・老人性痴呆症など、血栓疾患の予防などの効果があるとされています。

ナットウキナーゼは、日本食の納豆から抽出され、精製される酵素です。

納豆は、煮た大豆を有用菌である納豆菌で発酵させる際に、作用するとき結果としてナットウキナーゼが産生されます。
この、ナットウキナーゼという酵素を生み出すのは納豆のみでほかの食べ物では、生産されません。

昭和63年(1988年)の農芸化学学会で、須見洋行教授が納豆中に強力な血栓溶解酵素があることを発見し、これを「ナットウキナーゼ」と名付けました。

成人に、100~200gの納豆を食べてもらった後、採血し、血しょう中の血栓溶解活性を測定した結果、2~8時間にわたって血栓溶解活性が有意に上昇することを認め、納豆が血栓性疾患の予防に役立つという事を突き止めました。

これらの結果から納豆は血液をサラサラにする効果が期待できるということになります

骨粗鬆症の予防
骨粗鬆症を予防するためには、カルシウムを骨に結合させる「γ一カルボキシグルタミン酸」という物質が必要なのですが、このγ一カルボキシグルタミン酸を体内でつくるためには、ビタミンK2という物質必要になります。
ビタミンK2は納豆菌によって生成され納豆に最も多く含まれている栄養素の一つです。
こういった作用から、ビタミンK2の摂取が多いと骨密度(骨量)が高くなることが確認されています。
また、納豆の消費量が多い地域ほど大腿けい部を骨折する女性が少ないなどというデータもでており(消費量の少ない関西地域の方が骨折の頻度が高い)これらのことから、骨折頻度の地域差は、納豆の消費量に関わっている可能性が指摘されているようです。


納豆の整腸作用

東京都立食品技術センターの研究により、納豆菌による腸内の乳酸桿菌への増殖の影響変化を見ましたところ、納豆菌を添加することによって「乳酸桿菌ラクトバチルス」(腸内の善玉菌)が増加することを確認しました。
こういった実験結果から、納豆菌には腸内細菌に影響を与える整腸作用があることが指摘されています

さつまいもの健康効果、効能

「さつまいも」は17世紀の初頭に、ポルトガル人によって、薩摩国(さつまのくに、現在の鹿児島県あたり)にもたらされました。日本では、始めにさつまにもたらさせそこで作られていた作物だったのでさつまいもの名前がついたのですね。
*別名「カライモ」「カンショ」などとも呼ばれています。

さつまいいもは、「でんぷん」と「糖分」を非常に多く含んでいる為、「焼きいも」にして食べると、ホクホクしていて大変おいですね。

サツマイモの栄養成分

 「さつまいも」の主成分は、「でんぷん」ですが、そのほかに、セルロース・ペクチンといった食物繊維が非常に多く含まれているのと、実は、各種のビタミンやミネラル類が豊富に含まれているのが特徴です

「さつまいも」に含まれる、セルロース・ペクチンなどの食物繊維は「便秘」を解消させ、お通じを良くする作用や、血液中のコレステロールを低下させる作用、血糖値をコントロールする働きがあります。
また、 大腸がん、高血圧、糖尿病などの成人病予防に効果的だといわれていますね。

そのほか、さつまいもには、β(ベータ)-カロチンが含まれており、生体膜、ガン細胞の増殖を抑制すると言われています。

ビタミン類もサツマイモは多く含んでいます。
例えば、ビタミンB1(ビタミンB1は糖質の代謝を助けます)、ビタミンE(過酸化脂質が体内にできるのを抑制する働きがある)なども含まれています。

また、以外にもビタミンCが多く含まれており(リンゴの10倍程度:夏みかんと同じぐらいといわれています)、細胞の結合を強化するコラーゲン生成を助ける機能や、免疫を強化し風邪を予防する( ビタミンCは白血球の免疫力を高め、かぜにかかりにくくする働きがあります。)働が期待できます。美容健康にいいですね!

*ちなみに、さつまいものビタミンCは、加熱調理しても、まわりのでんぷんの作用により壊れにくく、残存率は高いと考えられていますので、他の食べ物より、より多く取り込める可能性があります

他にもさつまいもには、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出し、血圧低下やむくみの解消に効果があるカリウムが、他の野菜類と比較しても極めて豊富である。さつまいもは様々な栄養素を含んだ、高機能・低カロリーで美容にも効果的な食材である。 

ニンニクと肥満防止

ニンニクには、肥満防止に繋がる効果もあるといわれています。

ニンニクは、ノルアドレナリンの分泌を高める効果があるのですが、こちらの効果が高まると、脂肪を燃やしてエネルギーに変えるのだそうです。
ノルアドレナリンは褐色脂肪細胞という(脂肪をどんどん熱エネルギーに変える)細胞を刺激するのですが、これが脂肪を燃やし、エネルギニーをつくっていくので、どんどん元気になるのだとか。
ただし、ただニンニクを食べるだけではあまり効果がないとおもいますので、運動と組み合せ適切にとれば良い効果を得る事ができるでしょう。

紫蘇の健康への効果と効能

紫蘇(学名:Perilla frutescens var. crispa)は、分類上はシソ科シソ属に植物。
紫蘇は、むかしから日本の和食料理にかかせない、香味野菜として様々な日本料理に広く利用されていますね。

紫蘇という名前は、中国の後漢の時代に、ある若者が蟹を食べ食中毒を起し、死にかけていたところ、名医・華佗(伝説の名医とよばれる中国の有名な人物)が薬草を煎じて若者にのませたところ、若者はたちまち健康を取り戻したという逸話があり、このとき作った薬が「紫」色をしており、「紫」で「蘇る(死にかけた人が)」という薬だというので、この薬草を「紫蘇」というようになりました。

現代の「紫蘇」は、この伝説の「紫蘇」からとられた名前で、この事からわかるように、「紫蘇」は昔から、健康によい事がわかっていました。

【紫蘇の香】
紫蘇の特有の香りは、ペリルアルデヒドという成分でに由来します。
この香が、人間の臭覚神経を刺激して、胃液分泌を促進し、食欲を増進させる効果があります。
また、このペリルアルデヒドは、強い防腐効果を持っており、食中毒の予防にも役立にたつといわれています。

【紫蘇の健康への効果と効能】
紫蘇は、ビタミンA、ビタミンC、ミネラルなどが豊富です。
紫蘇の栄養成分は体内でビタミンAに変わるβ(ベータ)-カロチンが非常に多く、このβ-カロチンには、抗酸化作用があり、がんの予防に効果があるといわれています。

また紫蘇には、カルシウム(骨、歯を丈夫にする)、鉄(貧血などを予防する)、ナトリウム(塩分)を排出し、高血圧・むくみを予防するカリウム、などがふくまれています。

その他、便通を促す食物繊維や、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなども多く含まれている。

【紫蘇油】
また、最近では、シソ科植物の種子から抽出した紫蘇油というものが健康によいということで注目をされています。

シソ油に、豊富に含まれる不飽和脂肪酸『α(アルファ)-リノレン酸』は、体内でEPA(エイコサペンタエン酸)に変化し、血栓を防ぎ、血液の流れをサラサラにする働きがあります。

脳卒中、心臓病などの成人病を効果的に予防する。

【花粉症にも!紫蘇のロズマリン酸】
紫蘇に含まれている成分に「ロズマリン酸」というものがあります。

ロズマリン酸は、ポリフェノールの一種で、免疫機能を正常にし、アレルギー症状を軽減する効果があるということが分かっています。
アレルギー症状を軽減する働きは、花粉症、アレルギー性皮膚炎などのアレルギー症状に効果的な食品として最近注目を集めるようになりました。

ニラは、独特のにおいでちょっと苦手なんて人もいるかもしれません。
ですがニラはとても健康によい食べ物です。とてもビタミン、ミネラルが豊富な食べ物なのです。


【ニラの効果】
ニラは、強壮の効果があることがしられており腹部を温め、胃腸の機能を改善し、血行を良くしていきます。
また、ニラに含まれるにおいの成分には、消化酵素の分泌を促し、食欲を増進させる働きがしられています(臭いについては下記に記載)

【ニラの独特の臭いは】
にら独特の臭いはアリシン(硫化アリル)という成分で、こちらが上記の通り消化酵素の分泌を活発にしていきます。
その結果、消化の促進、食欲の増進につかがるのです

【ニラの成分】
ニラには、ビタミンA(カロチン)が多く含まれます。
これは、人間の皮膚や粘膜を良くし、肌荒れ(かさかさなど)になるのを防ぐ効果があります。

さらに、ビタミンCやビタミンB1・B2もバランス良く含んでおり、風邪等の予防効果も期待できる食品です。

また、ニラはミネラル分なども含んでいる事で有名です
カルシウム、鉄・カリウムなどのミネラル成分をふくんでいますので、骨や歯、骨粗しょう症、貧血などの予防効果も期待できます。

にらは、成長期の子供や妊婦さん、中高年の方にぜひお勧めしたい食材である。

【ニラの学名など】
ニラ(韮)は、ネギ科ネギ属の1種で多年草の緑黄色野菜です。
中国西部が原産とされており、日本では本州から九州に存在します。
現在は高知、栃木等で主に生産されています。

【ニラは昔からしられていました】
実は結構、古くから知られている植物で、『古事記』では加美良(かみら)などと呼ばれ、すでに当時からニラの記載がありました。
生薬として、種子は、韮子(きゅうし)といい腰痛、遺精、頻尿などの改善に、葉は、韮白(きゅうはく)といい滋養強壮としての効果があり使われてきました

シソ(紫蘇、学名:Perilla frutescens var. crispa)はシソ科シソ属の植物です。西日本の一部では「青蘇(せいそ)」などとも呼ばれますね。

紫蘇(シソ)の健康効果

紫蘇(シソ)は、梅干しなどと一緒につけたり、漬け物、和食などを引き立てる香野菜ですね。

シソにはシソ独特の香りがあると思いますが、この香りの成分は、「ペリルアルデヒド」という成分です。

この「ペリルアルデヒド」は人間の臭覚を刺激し、胃液分泌を促進させる(すなわち、食欲を増進させる)作用がみとめられています。
さらに「ペリルアルデヒド」は、強い防腐効果があり、様々な食中毒の予防にも役立つとされています。
この作用は古くから発見されており、中国では古来より薬草としてりようされています。

紫蘇は、体内でビタミンAに変換される「β(ベータ)−カロチン」の含有量がとても多い食材としても有名です。

「β(ベータ)−カロチン」は、活性酸素を防ぐ「抗酸化作用」があり、がんの予防に効果があるとされています。

その他にも紫蘇には様々な健康に効果のある成分が入っており

•カリウム(高血圧・むくみを予防します)
•カルシウム(骨等を丈夫にしますね)
•鉄(貧血などを防ぎます)
•その他食物繊維、ビタミンB1・B2・C

などが豊富に含まれている。

その他、シソの種子から抽出したシソ油なども健康に良いとされています。
シソ油には不飽和脂肪酸『α(アルファ)−リノレン酸』がふくまれているのですが、この『α(アルファ)−リノレン酸』は、血栓を防ぎ、血液の流れをサラサラにする働きがみとめられています。

また、ロズマリン酸、ルテオリン(フラボノイド・酵素)という成分をシソは含んでいますが、アレルギー疾患に効果があるとされています。

他にも、シソの熟した果実を「蘇子」(そし)といいますが、こちらは「咳、喘息、便秘」などの治療などに用いられています。
たまねぎ(玉葱)は、にんにくと同じユリ科植物(学名:Allium cepa)、ユリ科(クロンキスト体系)の多年草)です。
*普段たまねぎとしてたべている部分は、鱗葉です。

たまねぎは、実は野菜といわれる分類の植物の中では格段に糖質が多く、そのため、タマネギを摂取するとその糖分が、エネルギー源として使われ、人間の体の疲労回復などに役に立ちます。(ちなみに、たまねぎは、糖度は高いが、それ以上に辛さが強いため、食べた時は辛のほうを強く感じてしまいます。)

たまねぎには、独特の「辛さ」&「刺激」がありますよね。
「タマネギを調理していたら、涙がでてくる」なんて人もおおいはず

その「辛さ」&「刺激」の招待は「硫化アリル」という成分です。

この硫化アリルは血液流れを正常に保ち(サラサラにしてくれます)、動脈硬化の原因となる血栓などを防ぎます。
その他、 高血圧、糖尿病、脳血栓、脳梗塞などの、血液がさらさらになることによって予防できる、生活習慣病(成人病)などにも効果的です。

さらにこの「硫化アリル」という物質には、ビタミンB1と結合して「アリチアミン」おいう成分になる性質があります。

「アリチアミン」は、体内にビタミンB1を長く留め、ビタミンB1の吸収を促進する働きをします。
にんにく等の解説でもよく記載させて頂いていますが、この「ビタミンB1」が不足すると、

•精力減退
•身体疲労、エネルギーの減少
•食欲の不振
•精神的イライラ
•不眠
•体内のウィルス等に対する抵抗力の減少(風邪を引きやすくなる)

などの症状が起きやすくなります。

ですので、たまねぎを摂取すると、ビタミンB1の効果で上記のような症状が改善される事が期待できるのです。


にんにく酒は薬用酒で、健康維持の為に飲みたいという方も多いのではないでしょうか。

日々ちょっとづつ飲むだけで、身体がとても温まり、身体の疲れなども回復してきます。

また、なかなか寝付けない時や、冷え症の人等も飲むととてもいいですね。


健康への効果としては、精力増強、疲労回復、神経痛、不眠症、食欲不振などが上げられます。

ニンニクを他の食べ方をしても得られる効果と同様ですね。

ちなみに、あくまでお酒ですので大量に飲むのはよくありませんので注意して下さい。

【にんにく酒の材料】
・ ニンニク:300~500g
・ 蜂蜜:100~150g

・リカー:1ℓ

【ニンニク酒の作り方】
1、ニンニクの根元を切り取り、薄皮までとり、水気をよくとって、1片ずつバラバラにします。

2、ホワイトリカー、蜂蜜、ニンニクを保存容器にすべて入れ、3ヶ月程度保存しておきできあがりです。

お酒の健康への効果

| トラックバック(0)
まずお酒についてですが、アルコールを1%以上含む飲料が現在の日本では「お酒」となります。

お酒は「百薬の長」といわれていますね。
きちっと適量飲むのであれば、お酒は、人間のストレス解消、食欲増進、睡眠の促進、などの効果があります。
さらに、動脈硬化の予防等にもなるという研究結果などもでています。

【お酒とストレスの関連】

人の心と体に、ストレスがかかり続ける状態は、決して良いことではありません。

「ストレスを解消の為にお酒を飲む」ことはお酒が飲める人ならだれでも経験していることかもしれませんね。

あくまでも適量であれば、の話ですが、お酒は心のストレス、緊張を解きほぐし、ストレス発散の効果があります。
そのため、例えばストレスが原因で起こる様々な疾患も、実はお酒を飲むことによって予防できる可能性もあるのです。
もちろん、お酒だけに頼るのはよくありませんので、本当に辛いストレスを感じているようだったらお医者さんなどに行く必要がありますが、軽度なストレス等を感じているようであればお酒である程度気分を発散する事がストレスの解消する方法でもあるのです。

【お酒と食欲増進】
実は、お酒には、胃の中の胃液の分泌量を増やし、食べた物の消化を促す作用があります。
この作用が食欲を増進させるのです。

とくにお酒の中でも、ワイン、ビールなどのもつ、「炭酸ガス、苦味成分ホップ」 は、胃壁を刺激するため、とくに食欲増進させる効果が高いといわれているようです。

さらに、上記のストレスを消すというのと同じことになりますが、アルコールは精神的な緊張をほぐす作用がありますので、心がリラッ クスし、食欲が増進してきます。

また、お酒がが美味しいと、ついつい食欲がすすむという経験した人はおおいとおもいますしね。
ただしこれも適量がいいので、お酒をがぶがぶ飲んで、もりもり食べるというのはよくありませんので、適度であれば良い効果を及ぼすと考えてください。


【アルコールと睡眠】
お酒には睡眠促進効果、鎮静効果などがあり、入眠を誘う効果がありますので、睡眠を導入させるためにはいいかもしれません。
お酒を飲むと眠くなると感じている人も多いと思いますし実感している方もいるのではないでしょうか。
ただしこれも適量であれば睡眠導入効果として効果的ですが度をすぎるとよくありません。
それはアルコールを体内で分解するために、おおくのエネルギーを必要とするため睡眠時にも体が休まらないためです。
あくまで睡眠導入程度と考え多くを摂取しない適量がよいいうことになりますね。

また、きちっと朝まで熟睡できないなどの場合もありますので、人によりかならずしもアルコールを寝る前にのるのが良いとはかぎりませんので、自分に合うかどうかをきちっと見極める必要はあります。

【お酒による動脈硬化の防止】
お酒は動脈硬化を防止する効果があることがわかってきています。(ただし適量ですよ)
とくに日本酒などにその効果があり、適量な飲酒で動脈硬化予防ができることがわかってきています。

【お酒による善玉菌の増加】
こちらも適量のお酒ということになりますが、お酒が血液中の善玉コレステロールをふやす効果があるようです


これらの効果はすべて適量な飲酒ですので、逆に飲み過ぎると、上記のいい点以上に身体に多くの弊害をもたらします。
適量を心がけてください。


【お酒の適量とは】
清酒1合、ビール大瓶1本、ワイン1/3本、あたりがアルコール量は22g前後といわれています。
これは、体重が60kgの人が、約3時間で分解される量に相当しているといわれています。
一般的にこれが「酒1単位」されています。

そして、医学的にはお酒は1日2単位までといわれていますので、上記の2倍が2単位となりますね。
それぐらいまでが一応1日に飲んでも良い量となるわけです。

もっと気になる方は、お医者さんなど専門の方へ相談してみると良いと思います
ニンニクには、脳の萎縮を抑えて学習能力を高める効果があるという事が提唱されています。

こちらはマウスの実験になりますが、脳の前頭部に萎縮があるマウスに、ニンニクの抽出したものを与えたところ、先頭部の萎縮が正常なマウスと同程度になってきたとう実験結果があるのです。

また、こちらのマウスの実験ですが、ニンニクのエキスを与えたマウスと、通常のマウスとで学習能力の違いを計ったところ、学習能力が速いという事がわかりました。

これはニンニクにより脳の神経細胞(シナプス)の分岐が増え、脳が活性化されることにより学習能力がたかまると考えれています。


にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ 健康食品・自然食品へ

あわせて読みたい フィードメーター - 大蒜(にんにく)情報館